翻訳業務には携わって行きたい

私は今翻訳の仕事をしています。といっても私が直接翻訳しているわけではなく、翻訳者とクライアントをマッチングする仲介業務です。

翻訳はしたことないですが、当然仕事柄ある程度の英語ができなくてはいけません。

うちの翻訳は、英語に限らず、フランス語、中国語、ロシア語、韓国語、アラビア語、ポルトガル語、タイ語、タガログ語、ヒンディー語など多岐にわたります。

もちろん、私は英語以外の言語はほとんどわからないのですが・・・

実は、小さいころは翻訳家を目指したこともありました。それで語学系の学部に進学したり留学もして英語を習得(日常英会話程度ですけど)しました。

いざ、ただ就職しようと思ったとき、何故だか一般企業に行っちゃったんです・・・。英語ができる人は優遇するという会社が結構あって、今まで翻訳業しか考えてなかった私から見て、一気に世界が広がって「私ってこんなにいろんな職業の中から好きなものを選べるんだ」という気になったんです。

で、なんとなくお洒落な感じがするという理由で六本木にあるIT企業に就職してしまったのです。英語ができる人は優遇されるのですが、業務上英語が必要になるシーンが一度もなく・・・。

一日中、ワードプレスでサイトを構築したり、バナーを作ったり。これじゃ意味がないじゃないか!と思って、2年でやめてしまいました。

それで今の新橋にある翻訳仲介会社に移ったのです。でもこの会社もそろそろやめようと思ってるんです。もう4年勤めてるのですが、社内の雰囲気が合わないというか・・・。

周りは男ばかりでゴルフの話しかしないし、女性というだけで別部署の私に関係のない雑務を押し付けられる日々です。

でもこの仕事は好きなんです。翻訳業に携われるのは本当に嬉しいのでこの社内環境さえなければ最高なのです。

なので、次も同じ業界の別会社の採用面接を受けてみようかと思ってるんです。

今、マイナビやリクナビで色々調べてるのですが、六本木にアカデミアジャパンという会社があるんです。このアカデミアジャパンには、ACNという翻訳事業部があるんです。

なんとそこのスタッフは女性が2人と男性が1人(アカデミアジャパン全体ではもっとたくさんのスタッフがいるそうです)。女性が1人もいない今の職場と比べると羨ましすぎます。

アカデミアという社名もいかにも学びがありそうな感じがあって良いですよね。